日本語
ENGLISH
LINE@
公式Facebookはこちら

株式会社キャレックは、車検証、抹消書類等で取扱うお客様・お取引先関係者などの特定の個人を識別できる情報(個人情報)の取扱いについて、「個人情報保護方針」を定め、お客様の大切な個人情報を責任をもって管理取り扱いいたします。

品質管理・在庫管理

プロの目と熟練の手による仕事と入念なテスト、丁寧な梱包で高品質のパーツをお届けします。


中古リサイクルパーツができるまで


引き取り

福島県全域、茨城県北部からレッカー引取りされた車両については、まず、車両に関する正確な情報(車体番号・型式など)を把握した後、取外し指示書を出します。

【対象となる車】
廃車、事故車、事故おこし車、部品取り車、解体車(廃自動車、使用済自動車)、水没車、不動車、過走行車

【主な車両】
クレーン付きセーフティローダ(1台)、2台積み積載車(2台)、クレーン付きトラック(1台)

検品・テスト

エンジンについては、外部ダメージをチェックし、取外す前に始動テストを行い、次いで、異音のチェック、オイル・冷却水漏れのチェック、冷却水の噴返しや圧縮圧チェック等を行います。
これら規定のチェック項目をクリアしたエンジンのみ、エンジン検査証(保証書)を添付して販売しています。

取り外し(適正処理)



取り外しの工程は、「適正処理」と呼ばれます。
適正処理では、次の工程が行われます。

●タイヤ取り外し&燃料抜き取り・保管
メイン工場とは別棟の消防法の基準にあった防爆施設にて燃料を抜き取ります。消防法基準にあったガソリン600リットルが保管可能です。

●フロンガス・液体抜き取り&エアバック取り外し
環境対策で重要なフロンガスを抜き取り、エアバックを取り外し、冷却水・ブレーキオイル・パワーステアリングオイル・エンジンオイル・トランスミッションオイル・デフオイルを専用の抜取機(2台完備)にて微量残を徹底して抜き取ります。

●国内販売用部品取り外し
再利用できる国内向けの部品を1点ずつ点検します。取り外した部品はこの後洗浄工程に移り、さらに点検後、部品専用在庫ラックに保管します。

●解体工程(火気使用可能場所)&輸出使用部品取り外し
主要部品の解体後、さらにASR(自動車シュレッダーダスト)削減のため、部品を細かく分類します。鉄・非鉄金属などの種類別に分別し、リサイクル可能にします。

洗浄・美化および品質データ取得



取外した部品は1点1点すべて洗浄し、再点検を実施しています。
また、生産時(取外し時)の品質をデータとして取得します。
保管の項目でも説明しますが、生産したパーツは、全て生産した時点と同じ品質を保てるよう、パーツごとに保管手法を選定します。
こうした品質データ取得と保管手法の選定により、データと違わない品質の中古部品を供給します。

外装については、キズ、エクボ、板金跡、塗装歴の有無など、部位ごとに9分割方式でチェックします。
フロントガラス、ドアミラーなどのガラス処理部についてはワレやヒビなどを確認し、ライト周りやパワーウインドー、ステアリングについては欠落の有無や機能に支障ないか等のチェックを行います。

保管

エンジンやマニホールドなどは、外気が入らないようキャップを施します。
ドアやボンネットなどの外装部品については、緩衝材で包んだ上で、保管ラック1スパンに何枚と、仕切りによる配置制限を設け、徹底した品質管理を行います。

梱包・発送


梱包作業は、最終品質チェックの工程に当ります。
上記の徹底した品質管理により、生産時と同じ状態のパーツを出荷します。
在庫ラックに管理されている部品は即日発送可能です。部品形状に合わせた専用梱包にて安全にお客様にお届けいたします。
提携運輸会社により日本全国「迅速・確実・丁寧」に、お客様のお手元に良質のパーツをお届けいたします。

コンテナ取引き

海外向け輸出用コンテナに効率よく、かつ安全に積込みできる施設を完備しています。海外取引にも対応いたします。

コンテナを使ってマレーシア・ドバイに輸出しています。
主要港:小名浜港・横浜港
(C) Carec Co.,Ltd. All rights reserved.